膣付近の臭いの原因と対策

膣付近が臭ってしまうのはいろいろな原因がありますがその中で主な原因は雑菌の繁殖が挙げられます。

生理中に出血したりおりものが出てしまうと膣付近に雑菌が繁殖してしまいます。特に膣付近は蒸れやすい部位で高温多湿ののような環境になってしまうので雑菌の繁殖しやすい環境が整えられてしまうのです。そのため雑菌が繁殖しないように対策をしていく必要があります。

ホルモンバランスを整えておりものを安定させる

ipjwcp

まずおりものは女性ホルモンの影響で多くなったり少なくなったりします。ホルモンバランスがいつもの状態から変化した時におりものの量が増えてしまう事があります。おりものが増えると垢や尿などの老廃物と混ざり合ってしまって雑菌が繁殖してしまいます。

そのためホルモンバランスを常に正常に保っておく必要があります。ホルモンバランスを正常に保っておくには睡眠、食事などをしっかりして規則正しく生活していく事が大切になってきます。

おりものなどが原因で雑菌が繁殖してしまい放っておいてしまうと膣付近が炎症を起こしてしまう場合があります。これを細菌性膣炎と呼んでいて生臭い臭いが続いてしまいます。細菌性膣炎の主な症状はおりものが多い、下着が黄ばむ、ベトベトしているなどがあります。この中でひとつでも症状が出たら細菌性膣炎の可能性があるので医師の診察を受けた方がいいでしょう。

細菌性膣炎になってしまったら

kwcdo

細菌性膣炎にかかってしまった時は石鹸で洗ってはいけません。石鹸で洗ってしまうと石鹸の成分が膣付近を刺激して炎症がさらに悪化してしまう可能性があります。そのため膣内洗浄剤を使って洗うと膣付近を刺激しないで綺麗に洗う事が出来ます。それによって膣が清潔になって細菌性膣炎を予防する事も出来ます。

性病にかかってしまった時も膣付近に臭いが出てしまいます。クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダなどいろいろな種類の性病がありますがどれも放っておいてしまうと危険なのですぐに医師の診察を受けて治療していかなければいけません。

膣付近の臭いは特に強い臭いなので日頃からしっかりケアをしておかなければいけません。しっかり洗っておくのはもちろんなのですが通気性も良くして蒸れにくくする事も大切です。また蒸れる原因のひとつにムダ毛が生えている事もあるのでムダ毛を脱毛してしまうのもいいかもしれません。ムダ毛がなくなる事によって雑菌が繁殖しにくくもなって臭いの予防にもなります。