膣の臭いが気になる私の日々の対策

私は20代後半で保育士をしている女性です。もともとの体質的に汗をかきやすいことや、膣の臭いが強いといったことも影響しているのでしょうが、職種的に肉体労働ということもあって、私は季節を問わず膣の臭いに悩まされています。

子どもってっ正直ですから、汗の臭いでも膣の臭いでも違和感のある臭いに関してダイレクトに指摘してきますし、”○○先生、おしっこもらしたような臭いがする~”と言われた時にはさすがに私もショックを受けましたし、対策を取らないとと焦りました。

そんな私は日頃から膣の臭い対策として5つのことを習慣にしています。

膣の臭い対策として5つの習慣

  • 防臭効果の高い下着を履く
  • パンティーライナーのこまめな交換
  • 膣専用の石鹸を使用
  • 膣専用の洗浄剤を定期的に使用
  • デリケートゾーンの毛を綺麗に処理

一つ目は防臭効果の高い下着を履くことです。特に仕事の日はオシャレよりも素材重視と決めており、防臭タイプのさらっとした素材のものと決めており、サイズもぴったりしすぎるときつくて汗や臭いの原因になるので、ジャストサイズのものを購入するように心掛けています。また極力臭いや蒸れの原因になるストッキングやタイツは履かないようにもしています。

二つ目はパンティーライナーのこまめな交換です。若い頃からおりものが多いので、下着汚れ防止で実践していたパンティーライナーの使用でしたが、案外臭いの軽減に役立つことを発見!特に微香性タイプのものは、ほのかに優しい香りがするので、自身でパンティーライナーを交換する際にも、さわやかな気分になります。

三つ目は普段の入浴の際に膣専用の石鹸を使用することです。1年ほど前にネットでその存在を知ってから、継続使用しているのがジャムウソープという膣の臭いや黒ずみ対策の石鹸です。これを使うようになってから臭い自体も軽減されているように思います。

四つ目は膣専用の洗浄剤を定期的に使用することです。膣の臭いって体質的なものや生活習慣なども大きく影響すると言いますし、外側からのケアと同時に内側からのケアが大切思います。そのため私は週に1回のペースで市販されいる膣内洗浄剤を使用。これはタンポンのような形状で薬液を膣内に挿入するだけなので、慣れれば非常に簡単にできますし、内側からの対策としては特におススメしたい方法です。

膣専用の洗浄剤について、こちらのウェブサイトで詳しく説明されています。
http://xn--n8j236vmga.com/

そして最後の五つ目はデリケートゾーンの毛を綺麗に処理することです。私の場合脱毛サロンにてVIO脱毛を実施していますが、膣の周囲の毛があるとないのとでは、衛生面でも格段の違いが出ると思います。もちろん自宅でセルフ処理でもよいかと思いますが、膣の周囲の毛は(つるつるとは言わないまでも)丁寧に処理することで臭いの軽減につながるように思います。

簡単な日常生活の見直しで膣の臭いは気にならなくなります。今では子どもたちに指摘されることもなくなりましたし、快適な日々を過ごしています。